山岡政紀・書評集

 

カテゴリー別:書評=主に新刊書評。発刊後、時間が経ってから記したものもあります。

書評論文=専門分野である言語学の学術書に対する論評を記した論文

読後記=文学作品の鑑賞文など、読後の随想を交えて記したエッセイ

映画鑑賞記=映画視聴後の鑑賞文
ジャンル別: わかりやすさのため、便宜的にジャンル分けしました。「創学」は創価信仰学の略です。

収録誌について:公刊された学術雑誌・書籍に記名で掲載したものには収録誌名・巻号または書籍名を記載しています。

商業雑誌や同人雑誌に匿名あるいはペン・ネームで寄稿したものは収録誌名を省略しています。

 

平和・文化・教育・創学 12編)

読後記『池田大作研究:世界宗教への道を追う』 佐藤優著/朝日新聞出版/20201030日発行update

書評『新版 日蓮仏法と池田大作の思想』 松岡幹夫著/第三文明社刊/201873日 発行(『哲学東洋』第9号掲載)

書評『平和の世紀へ 民衆の挑戦』 ケビン・クレメンツ、池田大作著/潮出版社刊/20161226日 発行(石塚義高編『価値創造学体系序説 第二巻』掲載)

読後記『戦後70年目のシベリア抑留中死亡者慰霊巡拝』 平成27年度旧ソ連抑留中死亡者慰霊巡拝者一同著/2016422日発行

書評『教育で「未来」をひらけ〜創価大の果敢な挑戦ドキュメント』 平尾俊郎著/毎日新聞社刊/2013330日発行

読後記「科学と宗教、その間の壁は破れるのか」 池田大作×茂木健一郎/『中央公論』20104月号/中央公論社/2010310日発行

書評『教育と文化の王道』 池田大作・張鏡湖著/第三文明社刊/201031日発行

読後記『今日の世界 明日の文明――新たな平和のシルクロード』 ヌール・ヤーマン、池田大作著/河出書房新社刊/200791日 発行

書評『人間主義経済学序説』  後藤隆一著/新思索社/2007317日発行

書評『蘇生の哲学─パラダイムとしての人間 観─』  後藤隆一著/霞出版社刊/2004331日発行

読後記『カリブの太陽 正義の詩「キューバの使途 ホセ・マルティ」を語る』 シンティオ・ヴィティエール、池田大作著/潮出版社刊/2001824日 発行

 

文学作品・文芸評論・映画 21編)

映画鑑賞記『翔んで埼玉』 武内英樹監督/徳永友一脚本/魔夜峰央原作/映画「翔んで埼玉」製作委員会製作/2019222日公開

映画鑑賞記『誰もがそれを知っている』 アスガル・ファルハーディー監督・脚本/Momento Films 製作/2018914日公開

映画鑑賞記『カメラを止めるな!』 上田慎一郎監督・脚本/ENBUゼミナール製作/2018623日公開

読後記『子育て短歌ダイアリー ありがとうのかんづめ』 俵万智著/小学館刊/20171111日 発行

読後記『旅の人、島の人』 俵万智著/河出書房新社/2014830日 発行

読後記『三十光年の星たち』 宮本輝著/毎日新聞社刊/上・下巻/2011315日発行

読後記『俵万智の子育て歌集 たんぽぽの日々』 俵万智著/小学館刊/2010323日 発行

読後記 『骸骨ビルの庭』 宮本輝著/講談社刊/上・下巻/2009年発行

映画鑑賞記『コラテラル・ダメージ』 アンドリュー・デイヴィス監督/デイヴィッド・グリフィス他脚本/Bel-Air Entertainment製作/200244日公開

読後記『龍秘御天歌』 村田喜代子著/文藝春秋刊/1998520日 発行

読後記 『そして考』 室井光広著/文藝春秋刊/1994920日発行

書評46『とりかへばや、男と女』 河合隼雄著/新潮社刊/1991125日 発行

書評39『真夏の犬』 宮本輝著/文芸春秋刊/1990325日 発行

読後記『薔薇の名前』  ウンベルト・エーコ著/河島英昭訳/東京創元社刊/上・下巻/1990125日発行/(原著)Umbert Eco: Il Nome della Rosa, 1980

読後記・映画鑑賞記『異人たちとの夏』 山田太一著/新潮社刊/198712月 発行/(映画)大林宣彦監督/市川森一脚本/松竹製作/1988年公開new

読後記『イリュー ジョン』  リチャード・バック著/村上龍訳/集英社文庫/(原著)Richard Bach: Illusions, 1977

読後記『美徳のよろめき』 三島由紀夫著/講談社刊/1957620日発行

読後記 「グッド・バイ」  太宰治著/筑摩書房刊『人間失格』所収/1948725日発行

読後記『ペスト』 アルベール・カミュ著/宮崎嶺雄訳/新潮文庫/2017310日 発行/(原著)Albert Camus: La Peste, 1947 new

読後記 『九十三年』 ヴィクトル・ユゴー著/辻昶訳/岩波文庫/上・中・下巻/1954年発行/(原著)Victor M. Hugo: Quatrevingt-Treize, 1874

読後記『好色五人女』 井原西鶴作/1686年執筆

 

言語学・言語論・記号論 27編)

書評『30歳高卒タクシードライバーがゼロから英語をマスターした方法』 中山哲成著/横山カズ監修/IBCパブリッシング刊/2019107日 発行

読後記『感じのよい英語 感じのよい日本語 日英比較コミュニケーションの文法』 水谷信子著/くろしお出版刊/201531日発行

書評論文『言語行為と調整理論』pdf 久保進著/ひつじ書房刊/2014227日発行( 『語用論研究』第16号掲載)

書評『中国的名言を4コマ漫画にしてみた。』 藤井誠二著/明治書院刊/2012120日発行

書評『コミュニケーションと配慮表現──日本語語用論入門』 山岡政紀・牧原功・小野正樹著/明治書院刊/2010220日発行(『日本語学』第29巻第4号掲載〈新刊自己紹介〉)

書評『ハングル 未来への架け橋』 梅田博之監修、佐伯民江著/朝日出版社刊/2010115日 発行

書評『外国語学習の科学──第二言語習得論とは何 白井恭弘著/岩波新書/2008919日 発行

書評『日本語不思議図鑑』 定延利之著/大修館書店刊/200661日発行

書評『日本語と中国語』 劉徳有著/講談社刊/2006410日発行

書評『ネイティブが判定! イケてる英語 イケてない英語』 デイビッド・A・ セイン著/潟Aスコム刊/2006815日発行

書評『問題な日本語』  北原保雄編/大修館書店刊/20041210日発行(『日本語日本文学』第15号掲載)

書評『日本語語用論のしくみ』  町田 健編・加藤重広著/研究社刊/2004720日発行 (『月刊言語』200412月号掲載)

書評『漢字でわかる韓国語入門』  水谷嘉之著/祥伝 社黄金文庫/2004730日発行

書評論文『日本語のベネファクティブ-「てやる」「てくれる」「てもらう」の文法-pdf 山田敏弘著/明治書院刊/2004220日発行(『日本語の研究』第1巻第3号掲載)

書評『ラテン語の はなし 通 読できるラテン語文法』 逸身喜一郎著/大修館書店刊/20001215日発行

読後記『新聞に見る日本語の大疑問』 毎日新聞校閲部編/東京書籍刊/1999525日 発行new

書評『日本語 誤用例文小 辞典』 市川保子著/凡人社刊/1997 120日発行 (『月刊日本語』19977月号掲載)

書評『言語学への開かれた扉』  千野栄一著/三省堂刊 /1994111日発行

書評71『超=言語の研究』 井上忠著/法蔵館刊/1992220日 発行

書評70『こいつらが日本語をダメにした』 赤瀬川原平・ねじめ正一・南伸坊著 /東京書籍刊/199296日発行

書評54『日本語はおもしろい』 草薙裕著/講談社刊/199161日 発行

書評50『人はなぜ歌うのか』 丸山圭三郎著/飛鳥新社刊/1991423日 発行

書評38『言葉・狂気・エロス』 丸山圭三郎著/講談社刊(講談社現代新書)/1990615日 発行

書評21『言語科学への招待』 郡司隆男著/丸善刊/19881220日 発行

書評14『意味と生命(暗黙知理論から生命の量子論へ)』 栗本慎一郎著/青土 社刊/1988 625日発行

読後記 『言語表現の秩序』  ミシェル・フーコー著/中村雄二郎訳/河出書房新社刊/1972年発行/(原著)Michel Foucault: L'ordie du discours 1971

書評10『記号理論の基礎』  チャールズ・W・モリス著/内田種臣・小林昭世訳/勁草書房刊 /1988年1月25日 発行/(原著)Charles W. Morris: Foundations of the Theory of Signs 1938


哲学・宗教学・人間学 26編)

読後記『仏法と科学からみた感染症』 鈴木潤著/潮出版社刊/202073日発行

書評人生の選択 デーケン少年ナチへの抵抗 アルフォンス・デーケン原案/堀妙子著/池田宗弘作画/藤原書店刊/20181222日発行new

書評『笑顔で生きる〜「容貌障害」と闘った五十年』 藤井輝明著/講談社+α文庫/20111020日発行

書評『僕の叔父さん 網野善彦』 中沢新一著/集英社新書/20041122日発行

書評『はじめての宗教学「風の谷のナウシカ」を読み解く』  正木晃著/春秋社刊/2001630日発行

書評72『ケルビムのぶどう酒』 中沢新一著/河出書房新社刊/1992730日発行

書評69『宗教と科学の対話』 (岩波講座宗教と科学1) 河合隼雄他編集/岩波書店刊/199297日発行

書評64『時間と自我』  大森荘蔵著/青土社刊/1992319日 発行

書評63『生の円環運動』 丸山圭三郎著/紀伊國屋書店刊/1992131日 発行

書評53『東方的』 中沢新一著/せりか書房刊/1991326日発行

書評58『ゆらぎ・カオス・フラクタル』 武者利光・沢田康次著(対談集)/日 本評論社刊/19911220日発行

書評42『時間の本質を探る』 松田卓也、二間瀬敏史著/講談社現代新書/1990615日 発行

書評40『現代哲学の冒険J技術と遊び』 市川浩他編/岩波書店刊/199075日 発行

書評36『宗教者ウィトゲンシュタイン』 星川啓慈著/法蔵館刊/1990325日 発行

書評32『ファジィのはなし』 向殿政男著/日刊工業新聞社刊/19891130日 発行

書評28『学問とジャーナリズムの間』 杉山光信著/みすず書房刊/1989530日 発行

書評31『学問の現在』 山口昌哉・坂本賢三・佐和隆光・富永茂樹著/駸々堂刊 /1989425日発行

書評27『デカルトの旅/デカルトの夢』 田中仁彦著/岩波書店刊/1989323日 発行

書評26『新学問論』 西部邁著/講談社現代新書/1989220日 発行

書評22『ファジィ 新しい知の展開』 中村雄二郎・菅野道夫・中沢新一・村上 陽一郎他共著/日刊工業新聞社刊/1989130日発行

書評18『宇宙はこうなっている』 読売新聞日曜版編集部著/松井孝典監修/徳 間書店刊/19881031日発行

評15『宗教は心を満たすか』 毎日新聞社編/毎日新聞社刊/1988 7 5日発行

書評 9 『ブッダ』第1巻〜第8 手塚治虫著/潮出版社刊/19874月〜19883月逐次刊行

読後記『哲学ってどんなこと?―とても短い哲学入門―』 トマス・ネーゲル著/岡本裕一朗・若松良樹訳/昭和堂刊/1993年発行/(原著)Thomas Nagel: What Does It All Mean? A Very Short Introduction to Philosophy 1987

読後記『現代のヒューマニズム』 務台理作著/岩波新書/1961624日発行

書評23『科学・信念・社会』 マイケル・ポラニー著/中桐大有・吉田謙二訳/晃洋書房刊/1989320日発行/(原著)Michael Polanyi: Science, Faith and Society 1946

 

歴史学・地理学・地域研究 7編)

書評『一度も植民地になったことがない日本』 デュラン・れい子著/講談社+α新書/2007720日発行

書評『チェ・ゲバラの遙かな旅』  戸井十月著/集英社文庫 /20041025日発行

書評『マダガスカル鳥類フィールドガイド』  山岸哲編著/ 海游舎刊/19971125日発行

書評80『大阪学』 大谷晃一著/経営書院/1994120日 発行

書評79『ヤマタイ国は阿蘇にあった』 渡辺豊和著/光文社刊(カッパサイエン ス)/1993330日発行

書評19『神道と日本人──いいかげんな神々がつくった二千年の行動原理 豊田有恒著/文芸春秋刊/19881031日発行

読後記『夜と霧』 ヴィクトール・フランクル著/池田香代子訳/みすず書房刊/2002年発行/(原著)Viktor Emil Frankl: Ein Psychologe Erlebt Das Konzentrationslager 1946


心理学・認知科学・情報科学21編)

書評『自分が源泉 ビジネスリーダーの生き方が変わる』  鈴木博著/創元社刊/20081110日発行

書評78『哲学者クロサキのMS−DOSは思考の道具だ』 黒崎政男著/アスキー出版局/199329日発行

書評61『俵万智のハイテク日記』 俵万智著/朝日新聞社刊/199221日 発行

書評67『洗脳体験』 二澤雅喜・島田裕巳共著/JICC出版局/1991610日 発行

書評57『脳という劇場(唯脳論……対話篇)』 養老孟司著/青土社刊/1991915日発行

書評52『心の計算理論』 徃住彰文著/東京大学出版会刊/1991322日 発行

書評51『フロイドを読む』 岸田秀著/青土社刊/1991315日 発行

書評48『認識と文化 色と模様の民族誌』(認知科学選書21) 福井勝義著/ 東京大学出版会刊/1991225日発行

書評45『気と人間科学』  湯浅泰雄編/平河出版社刊/199071日発行

書評44『ハイ・エディプス論――個体幻想のゆくえ』 吉本隆明著/言叢社刊/19901025日発行

書評41『身体論−東洋的心身論と現代』 湯浅泰雄著/講談社 学術 文庫/1990610日 発行

書評37『中国医学の気』 盧玉起・鄭洪新編著/堀池信夫他訳/谷口書店刊/1990510日 発行

書評30『欲動』(弘文堂思想選書) 丸山圭三郎著/弘文堂刊/1989930日 発行

書評29『神経回路網モデルとコネクショニズム』 甘利俊一著/東京大学出版会 刊/1989720日発行

書評24『ふき寄せ雑文集』 岸田秀著/文芸春秋刊/1989215日発行

書評16『機械の知 人間の知』  辻井潤一・安西祐一郎著/東京大学出版会刊/19881025日発行

書評17『中国気功法』 張恵民著/日本気功協会訳/徳間書店刊/1988930日発行

書評20『パソコン入門』 石田晴久著/岩波新書/1988920日発行

書評13『人工知能の未来は──AIはどこまで人間らしくなったか』 ジョージ・ジョンソン著/渕一博訳/日 本実業出版社刊/1988 715日発行

書評11『ヒトと機械はどう対話するか』 樋渡涓二著/講談社刊(ブルー・バックス)1988 420日 発行

書評 8 『ニューサイエンスと東洋 橋を架ける人々』  竹本忠雄・伊東俊太郎・池見酉次郎編/誠信書房刊/1987710日発行 

 

生命科学・生命倫理 (8)

書評『生命とは何だろう?』 長沼毅著/集英社インターナショナル刊/2013130日発行

書評『私は臓器を提供しない』 近藤誠・中野翠他著/洋泉社・新書y/2000322日 発行

書評68『脳死臨調批判』 立花隆著/中央公論社刊/1992915日 発行

書評66『脳死・臓器移植を考える』 田代俊孝編著/同朋舎出版刊/1992210日 発行

書評65『脳死移植』 NHK脳死プロジェクト編/日本放送出版協会刊/1992430日 発行

書評56『生と死の様式 脳死時代を迎える日本人の死生観』 多田富雄・河合隼雄編/誠信書房刊/1991830日 発行

書評25『生と死の接点』 河合隼雄著/岩波書店刊/1989年4月26日発行

書評12『生命学への招待──バイオエシックスを超えて』 森岡正博著/勁草書 房刊/1988 4 5日発行

 

社会・芸術・スポーツ 17編)

読後記『クラシック名曲の条件』 諸井誠著/講談社学術文庫/2019121日発行new

書評『師弟 棋士たち魂の伝承』 野澤亘伸著/光文社刊/2018630日発行new

読後記『異端のススメ』 林修・小池百合子著/宝島社刊/20131228日発行

書評『人生8勝7敗 最後に勝てばよい』 尾車浩一著/潮出版社刊/20131220日発行

書評『どうぞこのまま』 丸山圭子著/小径社刊/201421日 発行

書評『あ〜ぁ、楽天イーグルス』  野村克也著/角川oneテーマ2120091210日発行

書評『監督 栄光と挫折の箱根駅伝』  川嶋伸次著/バジリコ刊/2009824日発行

書評『「報道加害」の現場を歩く』  浅野健一著/社会評論社刊 /20031230日発行(評論「メディアよ、市民の側に戻れ」)

書評『拝啓川淵三郎殿』 小谷泰介著/モダン出版刊/2001110日 発行

読後記『彩花へ――生きる力をありがとう』  山下京子著/河出書房新社刊/19981月 発行

書評73『「ノストラダムス予言」からの決別 科学技術によって楽園の21世紀がやってくる  越智宏倫 著/産能大学出版部/19891025日発行

書評49『終わりなき世界 −90年代の論理』 柄谷行人・岩井克人著/太田出版刊/1990111日 発行

書評47『たったひとりの闘争』 アントニオ猪木著/集英社刊/19901225日 発行

書評43『カーテンコールのあとで』 スタニスラフ・ブーニン著/松野明子訳/ 主婦と生活社刊/19901020日発行

書評35『夜はまだあけぬか』 梅棹忠夫著/講談社刊/19891210日 発行

書評34『倒錯 幼女連続殺人事件と妄想の時代』 伊丹十三・岸田秀・福島章著 /NESCO刊/1990年1月26日発行

書評33『豊かさとは何か』 暉峻淑子(てるおかいつこ)著/岩波書店刊/1989920日発行

 


創価大学 ホームペー ジへ
日文ホームページへ
山岡ホームページへ