研 究 業 績

学 会 賞

  1. 2019年 環境科学会論文賞
  2. 2011年 環境経済・政策学会奨励賞

学術論文(査読付き)

  1. 碓井 健寛 (2020)「夜間中学のニーズはいかにして測られるべきか?神奈川県ニーズ調査を事例として」, 基礎教育保障学研究, 4, 107-121.
  2. 碓井 健寛 (2020)「離島における義務教育未修了者−国勢調査小地域集計を用いた分析」, 島嶼研究, 21, 53-74.
  3. 碓井 健寛 (2018)「自治体による持続可能な容器包装ごみ収集のあり方」, 環境経済・政策研究, 11, 79-82.
  4. 碓井 健寛 (2017) 「未就学者128,187人に関するカウントデータ分析」, 基礎教育保障学研究, 1, 49-59.
  5. Usui, T., M. Chikasada and K. Kakamu (2017) ``Does Garbage Pricing Increase Immoral Disposal of Household Waste?,'' Applied Economics, 49, 3829-3840.
  6. 碓井 健寛 ・ 田崎 智宏 (2016) 「小売業者のリデュースの取組はすすんだのか?」, 環境科学会誌, 29, 191-200.
  7. Usui, T., K. Kakamu, and M. Chikasada (2015) ``To Introduce Recycling or Not: A Panel Data Analysis in Japan,'' Resources, Conservation and Recycling, 101, 84-95.
  8. Usui, T. and K. Takeuchi (2014) ``Evaluating Unit-Based Pricing of Residential Solid Waste: A Panel Data Analysis,'' Environmental and Resource Economics, 58, 245-271.
  9. 碓井 健寛 ・ 近貞 美津子 (2012) 「自治体における容器包装リサイクル実施要因の計量分析」, 環境経済・政策研究, 5, 10-20.
  10. 碓井 健寛 (2011) 「ごみ有料化後にリバウンドは起こるのか?」, 環境経済・政策研究, 4, 12-22.
  11. Usui, T. (2009) ``Panel Data Analysis of Incineration and Landfill Cost,'' Empirical Economics Letters, 8, 813-818.
  12. Usui, T. (2009) ``Does a Rebound Effect Exist in Solid Waste Management?,'' Critical Issues in Environmental Taxation Volume VII, edited by Lin Heng Lye et al., Oxford University Press, 413-422.
  13. Usui, T. (2008) ``Estimating the Effect of Unit-Based Pricing in the Presence of Sample Selection Bias under Japanese Recycling Law,'' Ecological Economics, 66, 282-288.
  14. 碓井 健寛 (2007)「廃棄物処理費用のパネルデータ分析」, 廃棄物学会論文誌, 18, 417-425.
  15. Suwa, T. and T. Usui (2007) ``Estimation of Garbage Reduction and Recycling Promotion under the Containers and Packaging Recycling Law and Garbage Pricing,'' Environmental Economics and Policy Studies, 8, 239-254.
  16. 碓井 健寛 (2003)「ごみ処理サービス需要の価格弾力性―要因分析と予測」, 環境科学会誌, 16, 271-280.
  17. Usui, T. (2002) ``Regional Input Output analysis of Industrial Waste : Developing a Price Model for Hyogo Prefecture, Japan,'' Journal of Applied Input-Output Analysis, 8, 67-87.

その他

  1. 碓井 健寛 (2021)「経済学における反転授業と話し合い学習法の統計分析」, 創価経済論集, 50, 51-63.
  2. 碓井 健寛 (ゼミナール)編 (2021)『コロナ禍の下で (Kindle版)』,Amazon Services International, Inc.
  3. 松村 悠子 ・ 碓井 健寛 (2019)「日本島嶼学会エクスカーション記録(1)」,日本島嶼学会年報, 21, -.
  4. 環境経済・政策学会編 (2018)『環境経済・政策学事典』,丸善出版.
  5. 碓井 健寛 (ゼミナール)編 (2017)『福島をあるく (Kindle版)』,Amazon Services International, Inc.
  6. 碓井 健寛 (2017) 「義務教育未修了者とは何か?−2010 年国勢調査から見る福島県の現状−」, 創価経済論集, 46, 65-77.
  7. 碓井 健寛 (ゼミナール)編 (2016)『ここ、あいてますよ: ディスポニーブルな場をつくる (Kindle版)』,Amazon Services International, Inc.
  8. 碓井 健寛 (2015)「廃棄物排出抑制の経済政策」鷲田 豊明・笹尾俊明編『第7巻 循環型社会をつくる (シリーズ環境政策の新地平全8巻)』岩波書店,2015年6月5日.
  9. 碓井 健寛 (2013)「経済学部の学生における就業力を高める取り組み」, 創価大学学士課程教育機構ニュースレター(SEED), 5.
  10. 碓井 健寛 (2012)「シンガポール南洋理工大学(NTU)滞在記」, 創価経済論集, 41, 69-75.
  11. 碓井 健寛 (2010)「成績不振者調査レポート」, 創価経済論集, 39, 79-83.
  12. 碓井 健寛 (2008)「有料化の評価方法について」, 都市清掃, 61, 504-507.
  13. 碓井 健寛 (2003)「有料化によるごみの発生抑制効果とリサイクル促進効果」, 会計検査研究, 27, 245-261.
  14. 碓井 健寛 (2000)「CVMによる埋立処分場の評価額を含めた産業連関分析」, 六甲台論集, 47(3), 63-72.
  15. 碓井 健寛 (2000)「産業廃棄物の産業連関分析」, 六甲台論集, 47(2), 52-70.
  16. 産業廃棄物の産業連関分析, 修士論文(神戸大学経済学研究科), 2000年3月.
  17. 「埋立税の波及効果―仮想評価法による藤前干潟の評価額を含めた産業連関分析―」, mimeo.

外部研究資金

  1. 2021-2023年 科研費基盤研究(C)「義務教育を受けられなかった人びとはいかにしてそのギャップを埋めたのか?」(課題番号21K02303・研究代表者)
  2. 2020-2021年 住友財団 2020年度環境研究助成 一般研究「島嶼国における廃プラスチック削減の効果検証および導入促進のための実証研究」(研究代表者)
  3. 2014-2016年 科研費基盤研究(C)「経済的インセンティブをもつ廃棄物減量政策における不法投棄抑制の効率・公平性の評価」(課題番号26380331・研究代表者)
  4. 2012-2014年 旭硝子財団2012年度人文・社会科学系 若手継続グラント「自治体の容器包装リサイクル法にともなう分別収集開始要因の計量経済分析」(研究代表者)
  5. 2011-2013年 住友財団 2011年度環境研究助成 一般研究「ごみ有料化によって不法投棄は増えるのか?」(研究代表者)
  6. 2009-2011年 科研費基盤研究(B) 「廃棄物政策のインセンティブ設計」(課題番号21330056・研究分担者)
  7. 2009-2010年 循環型社会形成推進科学研究費補助金(循環型社会形成推進研究推進事業) 「自治体一般廃棄物処理の費用効率性に関する計量経済分析および効率性改善策の提案」(課題番号K22093・研究代表者)
  8. 2009-2010年 科研費若手研究(B) 「自治体家庭ごみ有料化政策における減量効果持続性のパネルデータ分析による検証」課題番号(21730206・研究代表者)
  9. 2009-2010年 旭硝子財団 平成21年度 人文・社会科学系 研究奨励「家庭ごみ有料化のリバウンド効果の検証」(研究代表者)
  10. 2008-2009年 住友財団 2008年度環境研究助成 一般研究「廃棄物処理の費用効率性に関する研究」(研究代表者)
  11. 2007-2008年 ニッセイ財団 環境問題研究助成 平成19年度若手研究助成「自治体廃棄物会計の新たな推計法−市町村におけるごみ収集・分別の費用構造分析−」(研究代表者)
  12. 2004-2005年 科研費若手研究(B) 「家畜のふん尿・食品廃棄物の環境負荷削減に関する経済性評価」(課題番号16730136・研究代表者)
  13. 2002-2003年 昭和シェル石油 環境研究助成財団 助成研究「循環型社会形成におけるリサイクルシステムの経済分析」(研究代表者)

学 会 報 告 (英 語)

  1. ``Does the Unit-based Pricing Affect Material-Specific Recycling Behavior? Applying the Multivariate Double-Selection Model,'' with Tatsuo Suwa (Yamaguchi Univ.), European Association of Environmental and Resource Economists 22nd Annual Conference, 22 - 25 June 2016, Zurich, Switzerland.
  2. ``Estimating the Relationship Between Unit-based Garbage Pricing and Municipal Solid Waste Generation: A Multivariate Double Selection Approach,'' with Tetsuo Suwa (Yamaguchi Univ.), Th 5th Congress of The East Asian Association of Environmental and Resource Economics (EAAERE) (Aug 05-07, 2015) in Taipei Taiwan.
  3. ``Applying the Spatial Durbin Panel Model to the Consumer Behaviour toward Household Waste,'' with Mitsuko Chikasada and Kazuhiko Kakamu, 5th World Congress of Environmental and Resource Economists (Jun 28-Jul 02, 2014) in Istanbul Turkey.
  4. ``Applying the Spatial Durbin Panel Model to the Consumer Behaviour toward Household Waste,'' with Mitsuko Chikasada and Kazuhiko Kakamu, Singapore Economic Review Conference 2013 (Augst 4-6, 2013) in Singapore.
  5. ``Does Unit-based Pricing Increase Illegal Dumping of Household Waste?,'' with Mitsuko Chikasada and Kazuhiko Kakamu, 20th Annual Conference of the European Association of Environmental and Resource Economists (June 26-29, 2013) in Toulouse, France.
  6. ``Why Do Municipalities Recycle: Using Bayesian Panel Spatial Autoregressive Probit Model,'' with Kazuhiko Kakamu and Mitsuko Chikasada 19th Annual Conference of the European Association of Environmental and Resource Economists (EAERE 2012) (June 27-30, 2012) in Prague, Czech Republic.
  7. ``Does Unit-based Pricing Increase Illegal Dumping of Household Waste?,'' with Mitsuko Chikasada, The International Society for Ecological Economics 2012 (ISEE 2012) (June 16-19, 2012) at Windsor Guanabara Hotel, Rio de Janeiro, Brazil.
  8. ``Why Do Municipalities Recycle Using Bayesian Panel Spatial Autoregressive Probit Model,'' with Kazuhiko Kakamu and Mitsuko Chikasada (presenter), The International Society for Ecological Economics 2012 (ISEE 2012) (June 16-19, 2012) in Rio de Janeiro, Brazil.
  9. ``Does Unit-based Pricing Increase Illegal Dumping of Household Waste?,'' with Mitsuko Chikasada, 2nd Annual AERE Summer Conference (AERE 2012) (June 3-5, 2012) in Asheville, North Carolina.
  10. ``Why Do Municipalities Recycle Using Bayesian Panel Spatial Autoregressive Probit Model,'' with with Kazuhiko Kakamu (presenter) and Mitsuko Chikasada, 5th Japanese-European Bayesian Econometrics and Statistics Meeting (JEuBES 2011) (August 23-24, 2011) in Norges Bank, Oslo, Norway.
  11. ``Why Some Municipalities Recycle and Some Do Not,'' with Mitsuko Chikasada, Singapore Economic Review Conference 2011 (August 4-6, 2011) in Mandarin Orchard Singapore.
  12. ``The Determinants of the Municipality's Decision to Implement Recycling In Japan: Socio-Economic and Technological Factors,'' with Mitsuko Chikasada (presenter), 2011 Agricultural & Applied Economics Association Meeting (AAEA) (July 24-26, 2011) in Pittsburgh, Pennsylvania.
  13. ``Why Some Municipalities Recycle and Some Do Not,'' with Mitsuko Chikasada, 18th Annual Conference of the European Association of Environmental and Resource Economists (June 29 - 2 July, 2011) in Tor Vergata, Rome, Italy.
  14. ``Estimation of The Long Run Elasticity - Household Waste Reduction and Promotion of Sorting Recyclables -,'' Southern Economic Association 80th Annual Meetings (November 20-22, 2010) in Atlanta, Georgia.
  15. ``Estimating the Sustainability of Unit-based Pricing Using Panel Data: Household Waste Reduction and Promotion of Sorting Recyclables,'' AERE Sessions at the 2010 Agricultural & Applied Economics Association (AAEA) meeting (July 25-27, 2010) in Denver, Colorado.
  16. ``Estimating the Sustainability of Unit-Based Pricing Using Panel Data - Household Waste Reduction and Promotion of Sorting Recyclables -,'' 4th World Congress of Environmental and Resource Economists (WCERE) (June 28-July 2, 2010) in Montreal, Quebec, Canada.
  17. ``Estimating Garbage Reduction and Recycling Promotion under Unit-Based Pricing, Using a Multivariate Sample Selection Model,'' with Tatsuo Suwa (presenter), 4th World Congress of Environmental and Resource Economists (WCERE) (June 28-July 2, 2010) in Montreal, Quebec, Canada.
  18. ``Estimating the Sustainability of Unit-Based Pricing Using Panel Data,'' AERE Sessions at the 2010 American Economic Association / Allied Social Science Associations (AEA/ASSA) Meetings (January 3-5, 2010) in Atlanta, Georgia.
  19. ``Does a Rebound Effect Exist in Solid Waste Management? - Panel Data Analysis of Unit-Based Pricing -,'' Southern Economic Association 79th Annual Meetings (November 21-23, 2009) in San Antonio, Texas.
  20. ``The Substitution and Rebound Effect of Unit-Based Pricing Using Panel Data Analysis,'' Singapore Economic Review Conferences 2009 (August 6-8, 2009) in Singapore.
  21. ``Does a Rebound Effect Exist in Solid Waste Management? - Panel Data Analysis of Unit-Based Pricing -,'' The 9th Global Conference on Environmental Taxation (GCET)(November 6-7, 2008) Asia-Pacific Centre for Environmental Law (APCEL), Faculty of Law, National University of Singapore (NUS).
  22. ``Does a Rebound Effect Exist in Solid Waste Management? - Panel Data Analysis of Unit-Based Pricing -,'' 18th annual meeting of the Canadian Resource and Environmental Economics Study Group (October 3-5, 2008), Ryerson University, Canada.

学 会 報 告 (日 本 語)

  1. 「観光客は離島にどれだけごみをもたらすのか?」,2020年次 日本島嶼学会2020 年次大会 実行委員会(オンラインで) (2020.8.20), 石田厚氏(京都大学)、松村悠子氏(大阪大学)、畑憲治氏(日本大学)との共著.
  2. 「未就学者と離島―日本の有人離島における国勢調査未就学者小地域集計―」, 2019年次 日本島嶼学会宮古島大会 (2019.10.26-27), 宮古島市未来創造センター
  3. 「論文賞受賞記念講演: 小売業者のリデュース取組はすすんだのか?」, 環境科学会2019年会 (2019.9.12-13), 名古屋大学 東山キャンパス, 田崎智宏氏(国立環境研究所)との共著.
  4. 「ミクロネシア連邦ウェノ島における2Rベースライン調査の実施および分析結果」, 環境科学会2019年会 (2019.9.12-13), 名古屋大学 東山キャンパス.
  5. 「沖縄戦は義務教育未修了者を生み出したのか?日本の有人離島における国勢調査小地域集計とカウントデータ分析」, 基礎教育保障学会 第4回研究大会 (2019.8.31-9.1), 京都教育大学 藤森キャンパス.
  6. 「沖縄戦は未就学者を生み出したのか」, 2017年次 日本島嶼学会甑島大会 (2017.9.1-3), 里公民館大ホール.
  7. 「容器包装利用事業者による削減取り組みに関する計量分析」, 環境経済・政策学会2013年大会 (2013.9.20-22), 神戸大学, 田崎智宏氏(国立環境研究所)との共著.
  8. ``Does Garbage Pricing Increase Illegal Dumping of Household Waste?,'' 環境経済・政策学会2012年大会 (2012.9.15-16), 東北大学, 近貞美津子氏(創価大学)との共著.
  9. ``Does Garbage Pricing Increase Illegal Dumping of Household Waste?,'' 日本経済学会2012年度春季大会 (2012.6.23-24), 北海道大学, 近貞美津子氏(創価大学)との共著.
  10. 「自治体リサイクルの要因分析」, 環境経済・政策学会2011年大会 (2011.9.23-24), 長崎大学, 近貞美津子氏(創価大学)との共著.
  11. 「自治体はなぜリサイクルを行うのか?」, 応用地域学会2010年度第24回研究発表大会 (2010.12.4-5), 名古屋大学, 近貞美津子氏(創価大学)との共著.
  12. ``Estimating Garbage Reduction and Recycling Promotion under Unit-based Pricing - An Application of the Multivariate Sample Selection Model,'' 日本経済学会2010年度秋季大会 (2010.9.18-19), 関西学院大学, 諏訪竜夫氏(北大・報告者)との共著.
  13. ``Estimating Garbage Reduction and Recycling Promotion under Unit-based Pricing - An Application of the Multivariate Sample Selection Model,'' 環境科学会2010年会 (2010.9.16-17), 東洋大学, 諏訪竜夫氏(北大)との共著.
  14. ``Estimating Garbage Reduction and Recycling Promotion under Unit-based Pricing - An Application of the Multivariate Sample Selection Model,'' 環境経済・政策学会2010年大会 (2010.9.11-12), 名古屋大学, 諏訪竜夫氏(北大)との共著.
  15. ``Estimating the Sustainability of Economic Incentives Using Panel Data - Household Waste Reduction and Promotion of Sorting Recyclables,'' 環境経済・政策学会2009年大会 (2009.9.26-27), 千葉大学.
  16. ``Estimating the Sustainability of Unit-Based Pricing Using Panel Data,'' 環境科学会2009年会 (2009.9.10-12), 北海道大学.
  17. ``Does a Rebound Effect Exist in Solid Waste Management? - Panel Data Analysis of Unit-Based Pricing -,'' 環境経済・政策学会2008年大会 (2008.9.27-28), 大阪大学(豊中キャンパス).
  18. 「自治体廃棄物会計の新たな推計法−市町村におけるごみ収集・分別の費用構造分析−」, 環境科学会2008年会 (2008.9.18-19), サピアタワー(東京駅八重洲口).
  19. 「廃棄物処理費用のパネルデータ分析」, 環境経済・政策学会2007年大会 (2007.10.7-8), 滋賀大学経済学部彦根キャンパス.
  20. 「マテリアルリサイクルとサーマルリカバリーのトレードオフ −自治体の分別選択の意思決定に関する要因分析」, 環境経済・政策学会2006年大会 with Third World Congress of Environmental and Resource Economists (2006.7.3-7), 京都国際会館.
  21. 「容器包装リサイクル法によるリデュース、リユース、リサイクル効果」, 環境経済・政策学会2005年大会(2005.10.9-10), 早稲田大学, 諏訪竜夫氏(北大・報告者)との共著, 347-348.
  22. 「容器包装リサイクル法とごみ有料化の相乗効果分析」, 第15回廃棄物学会研究発表会(高松大会) (2004.11.17-19), 208-210.
  23. 「容器包装リサイクル法とごみ有料化の相乗効果分析」, 環境科学会2004年会 (2004.9.30-10.1), 関西学院大学, 90-91.
  24. 「一般廃棄物処理事業の費用効率性」, 環境経済・政策学会2004年大会 (2004.9.25), 広島大学, 竹内憲司氏との共著, 58-59.
  25. 「容器包装リサイクル法とごみ有料化の相乗効果分析」, 神戸大学環境経済学研究会 (第27回) (COEセミナー共催)(2004.7.31), 神戸大学.
  26. 「有料化による不法投棄の影響要因―順序プロビットモデルを用いた分析―」, 日本経済学会2003年度春季大会 (2003.6.14), 大分大学, 山川肇氏, 植田和弘氏との共著.
  27. 「不法投棄の要因分析」, 神戸大学環境経済学研究会(第16回) (2003.5.2), 神戸大学.
  28. ``Regional Input-Output Analysis of Industrial Waste : Developing a Price Model for Hyogo Prefecture, Japan,'' 日本経済学会2002年度秋季大会 (2002.10.13), 広島大学.
  29. 「3,230自治体におけるごみ有料化導入効果の予測」, 環境経済・政策学会2002年大会 (2002.9.28-29), 北海道大学, 50-51.
  30. 「埋立税の波及効果―仮想評価法による藤前干潟の評価額を含めた産業連関分析―」, 環太平洋産業連関分析学会第12回大会 (2001.11.18), 大阪経済大学, 127-131.
  31. 「埋立税の波及効果―仮想評価法による藤前干潟の評価額を含めた産業連関分析―」, 日本経済学会2001年度秋季大会 (2001.10.7), 一橋大学, 132-133.
  32. 「埋立税の波及効果―仮想評価法による藤前干潟の評価額を含めた産業連関分析―」, 環境経済・政策学会2001年大会(2001.9.30), 京都国際会議場, 132-133.
  33. 「産業廃棄物の産業連関分析」, 環太平洋産業連関分析学会第11回大会 (2000.11.4), 東北学院大学, 109-113.
  34. 「産業廃棄物の産業連関分析―CVMによる埋立処分場の評価額を含めた価格分析―」, 環境経済・政策学会2000年大会 (2000.9.29), つくば国際会議場, 148-149
戻る